十堰日语培训 上海路新时代广场写字楼B座4-40

日语知识

2018日语二级笔译实务考试

日期:2018-05-24    来源:十堰昭和教育    阅读量:

2018日语二级笔译实务考试 
日译中第1篇
 
ニワトリはもともと日本にいたものではない。ニワトリの祖先は、インドから東南アジアにかけての森林に分布し、4000年ほど前に家畜化された赤色野鶏という種だとされている。最初は食用のためであろうが、やがては闘鶏用として、あるいは時を告げる鳥として飼われたようだ。それが中国から日本へ渡来したらしい。最近の遺伝学的な研究によれば、フィリピンを経由した種も加わっているという。しかし、いつやってきたのかは、はっきりしていない。もっとも古い記述は、岩穴に隠れた天照大神を誘い出すために、ニワトリを集めて一斉に時を告げさせた、という8世紀初めのものである。しかし、ニワトリが渡来した時期は、紀元前300年頃の貝塚から骨が出土したため、その頃と推定されている。
 
日本にやってきたニワトリは、中国文化の影響もあるだろうが、昼夜の境を告げる霊鳥として扱われた。ニワトリの時を告げる声は、一声がとても長く大きいので、現在よりもずっと印象的だったことだろう。1日3回、日の出の前、太陽が昇った頃、そして日没の前に、かなり正確に鳴くことから、時計としての価値が高く、また、長く鳴くものほど大切に扱われたらしい。実際、日本では、暁と日の出の鳴き声を、一日の始まりとしてきたのである。
 
古くから日本人の暮らしに欠かせなかったニワトリは、観賞用としてもさまざまな変化をとげた。その源となったのが、9世紀頃に、中国に渡った使節が持ち帰った「小国」である。元来は闘鶏用だったが、小国の特長をもとに、いろいろな品種が作られた。声を楽しむために、15秒も長く鳴き続けられるという性質を高めて「東天紅」、「声良」などの品種が作り出され、尾羽の豊かさからは見て楽しむための「蓑曳」と「尾曳」が生まれ、尾羽が生え替わらないものから「長尾鶏」が作られた。
 
日本各地で、見た目にも美しい品種が次々と誕生することになる。現在、天然記念物に指定されている品種も多い。

相关资讯:

网站相关

十堰日语培训,十堰日语培训机构,十堰日语培训班,十堰日本留学找昭和日本语学校十堰分校就对啦!
ICP备案号:鄂ICP备17014810号 技术支持:十堰网站建设
版权说明
十堰市昭和教育咨询有限公司版权所有
Copyright © SYZHJY All Right Reserved
联系我们
地址:上海路新时代广场写字楼B座4-40 Q Q:2051504478
微信
扫描关注免费咨询
手机站
扫描访问手机网站